ミリミリカッチドットコム

はてなにお引越ししました

高校時代・15分

f:id:mirimiricutch:20180709064322j:plain


おかげさまで毎日仕事は忙しく遊びも忙しく
元気に過ごせているとは思うのですが、
どうにも自分のことを書き残せる時間がないです。

 

そういえば高校生の頃は毎日日記を書いていて、
ブログどころか、インターネットどころか
ワープロも手元にない時代なので
(年齢ばれるな…)
ノートに手書きで誰に見せるものでもなかったけれど、
1日15分だけ書こうと決めていた。

自宅で勉強の合間にとか、好きな音楽を聴きながら
書いていた気がする。

でもなかなか15分では終えられなかった気もする。
結局勉強に戻れていなかったかも。こらこら。

 

今も結局、そうやってむりやり、まず時間を作って
書くのがいちばんいいのかもと思ってきた。

 

それにしても最近の私は、

生き直す機会をもらっているのかというくらい
学生の頃に近い暮らしをしている。
毎日決まった時間に朝早く出ること、
自宅に帰ったら「宿題」があり机に向かうこと、

家族のこと、などなど。

あと、高校時代にちなんだイベントも秋に待っている。
節目の年だったりするのです。

時間を戻すことはできないけれど、
成長した心や頭のまま生き直すことができているなら
それはそれでラッキーです。

写真を撮って即文章に添えるとか
きれいな文字や配置ですぐアップできるとか
そんなこともできずにノートに手書きで
思いを書き上げていた
高校生のときの自分さんが読んで
がっかりしない日常や心持ちを
頑張って残せたらなぁと思います。

写真は七夕の日にいただいたもの。
いつもあたたかく丁寧な贈り物
ありがとうございます。
お世話になっているのはこちらなのに。

いま短冊に書きたい願いごとはなんだろう、

と考えて、何も思いつかなくて
ぼーぜんとしてしまったのですが、
こうしてキーボード打ってると
いやというほど願い事が浮かんでくる(笑)

ということで願い事は
「書き続けられますように」。