ミリミリカッチドットコム

はてなにお引越ししました

Macのメンテナンス

家で使っているMac。今までだましだまし使い続けていたけれど、最近じわじわ調子悪くなり続け、どのアプリやファイルを開くのも閉じるのも、ひどく時間がかかるようになってしまった。

それをいいことに(?)先週末は部屋の片付けとか、あまり負担のかからない作業をして満足したりしていたんですが、いつまでもそういうわけにはいかなくなってきた。

もうすぐ使い始めて10年くらい経つ。あの3月11日も、ぐちゃぐちゃになった部屋の中で奇跡的に無事でいてくれた。

 

でもそのあと、5年前くらいだったかな。完全にHDDが壊れたこともあったんだっけ。当時の家賃よりちょっと安いくらいの値段はかかりましたが、データを失うことなく完璧に治していただいたので、またそこにお願いしたほうがいいのかしらと思って名刺を探してみたり。

 

デジタルパソコンクリニックの山田さん、あのときはお世話になりました…当時私のMacのエラーメッセージを見て「わー、これは珍しいすごいエラーですねー」と画面の写真を撮っていたのが忘れられないです^^)

 

ちょうどそんなときに届いた1通のDM。なになに。Macの動作を軽くできるソフト。

今までそういうの、Macはヘンに入れないほうがいいんでしょ?と思っていたんだけど、今月いっぱいは割引にもなっているということで、えっらく時間がかかりながらも、CleanMyMac3 というソフトをDL&インストール。

f:id:mirimiricutch:20180331161728j:plain

 

それでも、手順に従って、必要なくなった古いファイルなどを手順に沿ってクリーンアップすると、だいぶ動作が軽くなった気がした。

 

でもこれはHDD上のことで、問題はメモリ。ぜんぜん足りてないらしい。

 

念のため説明すると(知っている方はすみません)MacでもWindowsでも、コンピュータを作業机に例えると「ハードディスク(HDD)」は「机の引き出し」、メモリは「机の天板」に例えられます。作業をするときに、引き出しが多いほうが机の上に余分なものをおかずにどんどんしまえるので作業がしやすいし、たくさんのものを保存できる。机の天板が大きい=メモリが大きい ほうが、いちどにたくさんのものを机の上に広げながら、早く作業できる、というわけです。

 

検索すると、なんだ、こんな丁寧なサポートページがあるじゃないですか。

iMac にメモリを取り付ける - Apple サポート

 

amazonで該当するメモリを買ってみたら、あっという間に届いた。

f:id:mirimiricutch:20180331161457j:plain

 

しっかり緩衝材で包んであるとはいえ、すごい簡易包装^^;

 

手順をプリントアウトしてから、Macをうつぶせにして…

 

f:id:mirimiricutch:20180331161511j:plain

 

わわわ、後ろのまるいところ、すごいホコリ溜まってる(汗)。

おそうじ、おそうじ。

 

f:id:mirimiricutch:20180331161534j:plain

メモリのスロットの入り口を外してみると…うわー (冷汗)。

f:id:mirimiricutch:20180331161628j:plain

 

ここをキレイにしただけでも意味あるなぁ…

f:id:mirimiricutch:20180331161652j:plain

 

その後なんとかメモリをスロットに入れて、認識してなくて1度やりなおしたりしながらも。成功。したらしい。

 

f:id:mirimiricutch:20180331161716j:plain

 

わーい、メモリが今までの倍になりました。動作がさっくさくに早くなった!

CleanMyMac3とメモリ、あわせて1万円かかってないし。メモリはあと1枚増やせるし。

 

まがりなりにもこのMacでいろいろなお手伝いやお仕事もさせていただいているというのに、こういうところがほんとに他人事のような気持ちで使っていたなと反省。

 

私の頭の中のメモリも多少は増設されたかな…ということで。これからは何事も。さくさくいきたいと思います。

 

今年の桜

東京では今年は桜が咲き始めてからずっといいお天気が続いて、1週間であっという間に咲いて散るまでが進んでしまいましたが、お花見の当たり年でした。

f:id:mirimiricutch:20180331155357j:plain

大きな桜の樹が通勤途中に何本かあります。今年も楽しませてもらいました。

 

職場でもお昼休みに2回も、近くの公園へダッシュしてお花見をしました。

1日目は食後にお散歩。週末の2日目、9分桜の樹の下でおむすび食べた日は桜が散り始めていて、同年代の私たちは「私たちも…」なんて笑っていたら、通りかかりの近所のおじさんに「あんたたちは今が満開だよ」と励まされた(笑)。

 

f:id:mirimiricutch:20180331155323j:plain



別の日には、ドライブで夜桜散歩もしました。この夜が完全に満開だったなあ。ラッキーでした。

 

f:id:mirimiricutch:20180331155304j:plain

同じことの繰り返しのような日々を送っているつもりでも、お別れはあります。

次に会えるときにお互い少しでも輝いていられるように。

新しい日々に向かって勇気を出したお友達に桜吹雪が舞い降りていました。

週末

f:id:mirimiricutch:20180325194640j:plain

自分的にはかなり贅沢な時間の使い方をした土日でした。今日までの約束だったお仕事を、週末に入る前に早めにアップできたのがよかった。

先週末は久しぶりの女子な集まりもありました。飲みにいって、そのあとデザート食べに行って。
しまったー、と思ったこともあったんだけど、前向きな変更もできたと思うのでよかった、ということにする。


寒かった東京も、土日ですっかり桜も満開に近づきました。明日からは、まとめてふりかえったりするんじゃなくその日のうちに&先回りでやっていけますように。

スタンプカード

f:id:mirimiricutch:20180325185902j:plain

スタンプカード作りを頼まれた。
コンサートのチケットやDVDジャケットもそうだけど、今は印刷会社のサイトからテンプレートをダウンロードして、簡単で本格的にこんなカードも作れます。

あるコーラスグループのレッスン出席率アップのために、4月からスタンプカード導入を試してみるそうで、レッスンごとにスタンプを押し、一定数貯まると…?

自分の通っているゴスペルのクラスも、今年から出席率アップのためにあるルールができ、賛否両論あるのは仕方ないとして、一定の効果があるのかなーという話になっているようです。

レッスンの出席率の悩みを抱えている団体は多いんですね、というお話でした。

Minimalのチョコ

f:id:mirimiricutch:20180325154036j:plain
お仕事でお世話になっている方から書類が送られてきて、中にこんな封筒も入っていた。おしゃれー。

f:id:mirimiricutch:20180325154145j:plain

中身はチョコレート。パッケージについてた名刺のようなカードは製品の説明。
すごい濃厚な香りのわりに甘すぎず食べやすくて、美味しかったです。

ここのチョコレートでした。ごちそうさまでした。

mini-mal.tokyo

 

 

第三回 あらかわを語る講談会

f:id:mirimiricutch:20180325171309j:plain

講談。ここ数年、ちょっと流行っているみたいです。

落語との大きな違いとしてわかりやすいのは、演者さんがすわる座布団の前に「釈台(しゃくだい)」があり、それを演者さんが「張り扇」で叩きながら、笑い話や人情小噺というかんじじゃなくて歴史などの「物語」を語って聞かせるものです。

ご縁があって、荒川区コミュニティカレッジ卒業生が主催する講談の会の「影アナ司会」をやらせていただき、回も3回目。影アナ司会も3回目。

講談は女性の活躍している演芸で、毎回出演されている宝井琴桜さん、宝井琴柑さん、どちらも女性です。地元の小学生に講談体験をしてもらうなど、地道に活動されています。
毎年少しずつですが、講談の魅力がわかってきた気がします。


観にきてくれた後輩ちゃんと千駄木でご飯食べて帰りました。
お互い元気で、いろいろ話できて、よかった。

f:id:mirimiricutch:20180325171354j:plain

久しぶりの夕焼けだんだん。ほとんどシルエットだけど。

f:id:mirimiricutch:20180325171332j:plain

 

愚痴の反対語は

f:id:mirimiricutch:20180325160449j:plain

 年末年始にかけて自分に起きたことを、ぽつぽつと、以前から親しい人に報告していくと、その親しさと優しさに甘えさせていただいているのはじゅうじゅう承知ですが、そんなのおかしいよって言ってくれたり、泣いて怒って同情してくれた人もいて、そういうので喜んじゃいけないよとは思うけど、やっぱり、うれしかったし救われた。

制度としてどうなの、と思うことは多々あり、それは「仕方ない」では終わらせず、これからの長い年月の中で1ミリでも問題提起する義務とチャンスができた、と思っている。だって、いろいろな矛盾を、過去の先輩たちが少しずつ変えてきてくださったことで今の自分があるから、私も後輩たちのために、おかしいと思うことはおかしいと言い残しておかなくてはいけないと思う。もうちょっと経ってから。←すみません

でも、自分の手の届く範囲の広さの意味では、今起きていることは誰のせいでもなく、心のうんと奥底で自分が考えていた「もうひとつの望ましい結果」。だからもう、起きたこと、携わってくださった皆さんには感謝しています。あとは進んでいくしかないのです。

 

「ここ数年、1年間の予定がすべて決まっている規則正しい日々を送っているの」

なんて数年前には昔のお仕事仲間にギャグのように報告していたことを喜びにしていたこともあったけど、

その間もプライベートではほんとうにいろんな変化があったし、規則正しい仕事だけをしていたのでもないし、規則正しい=楽とか暇 ではないことも経験できたし、そして今年はいよいよ仕事に変化が起きるかもしれない。というか起こる。いい変化にする。

「愚痴 の反対語は クリエイティブ」。「クリエイティブ の反対語は 愚痴」。と、ずっと思っている。

愚痴ってる時間があるなら、後悔してる時間があるなら、腹立ててる時間があったら、見張ってる時間があったら。とにかく手を動かす。それか、早く寝る。

なかなか自分でできていないことほど自分の座右の銘っぽく言語化しがちで、書いてて自分でも相当恥ずかしいけど、でも最近ほんとにこの言葉を心で唱えて乗り切っている。

写真はいつもお世話になっている方のひとりから最近いただいたもので、その方のことを思うたび、またこの言葉を思い出して、びしっとしなきゃぁ、って思うのです。

でも、最近は「それか、早く寝る」のほうばかり実行してしまっているなぁ --;